バーベキュー場でのマナー

バーベキュー場でのマナー

バーベキューをするときに、マナーが重要視されるシーンは「後片付け」の時です。どういったポイントに注意すれば、気持ちよくバーベキューができるのかに迫ってみましょう。
 

バーベキューで利用した炭の処理方法で間違っている2パターン

 
バーベキューのことを良く知らない方々がやってしまうことで多い間違いがあります。間違っている方法で消火していると、もう一度火がついてしまうこともあります。とっても危険ですし周囲でバーベキューを楽しんでいるグループに迷惑がかかります。
 
  • 1番目は「全ての炭に一度に水をかけること」です。
「えっ!そんなやり方が普通じゃないの?」と思っているかもしれません。意外にやってしまう方法です。ですが、この方法をすると煙や水蒸気がとってたくさんでてきます。灰もいっぱい舞い散ってしまいます。周囲の人達に迷惑をかけてしまうのです。
 
また、この方法では内側の火まで、ちゃんと消えていないことが多いです。外側の火は消えていても安心してはいけません。中でくずぶっていると、炭が乾いたときに発火するリスクがあります。それを持ち帰るときのことを考えてみましょう。帰宅途中の車の中で発火したら、どうなりますか?自宅に帰って保管しているときに発火すると火事になりかねません。
 
  • 2番目は「土の中に炭を埋める方法」です。
バーベキューを終えた最後に地面を掘って土に埋めて帰るグループもいます。これもさきほどと同様です。燃え残っている炭が発火すると山火事になりますよ。炭化してしまった炭は炭素の塊になります。土に戻ることはありません。ずっと土の中に残ったままになります。使い終わった炭を土に埋めることはダメです。必ず持ち帰るようにしましょう。これがマナーです。
 
 

バーベキューで利用した炭はどのように消火すればいいのでしょか?

 
正しい消火方法をご紹介しますので、覚えておきましょう。
 
  • 1番目は、専用の「火消し壺」を使うことです。
これならば、何度も使用することができます。壺の中に炭を入れたまま持ち運びもできる優れもの!安心して火を消すことができますので、バーベキューをする場合の必須アイテムです。
 
では、どのような仕組みになっているのでしょうか?壺の中にまずは炭を入れます。酸素を遮断すれば燃焼することなく自然と消火できるのです。多少、時間はかかりますが安全に消火できますし、持ち運びができるならば、待っている必要もありません。
 
次のバーベキューをする場合も、壺ごと持っていけばいいので楽ができます。注意しなければならないのは、炭の量です。炭そのものが熱を帯びてしまいます。持ち運びをする場合は耐熱性のある布に包んでおきましょう。火傷などのトラブルを避けるように配慮してください。
 
  • 2番目は、「炭を燃やしきること」です。
時間はかかりますが、炭が燃え切って冷めるまで待ちます。シンプルな方法ですが、時間がかかります。上級者になると消火する時間を計算することができて、タイミングをみて作業できます。片付けと平行しておけば、炭が燃え切ってコンロの片付けもスムーズにできるでしょう。
 
  • 3番目は、「炭を1つひとつ丁寧に水に浸けて消火すること」です。
一挙に全ての炭に水をかけると、どうしても漏れがでてきます。そうではなくて、炭用のトングでつかんだ炭をバケツなどに入れて1本1本確実に消すのです。
 
この方法ならば、煙の量も水蒸気も少ないです。灰が舞い散ることもありません。中まで確実に消火できますから、安全性も担保できます。完全に消化するには10分以上は水に浸けておきたいです。注意するのは水を張るバケツです。プラスチック製は熱に弱いですね。アルミやブリキで耐熱性のあるタイプのバケツにしましょう。
 
 

消火した後の炭はどのように処理するの?

 
萌えるゴミとして捨てることができますが、これは地方自治体によっても違いますので確認しましょう。完全に熱がとれていることを確認して自治体が指定しているビニール袋に入れてください。
 
では、消火した後の炭を保管する場合はどうすればいいのでしょうか?
一度、使用した炭でも、きちんと乾燥しておけば、再度利用できるのです。そして、一度燃えた炭の方が火は付きやすいです。火種として次のバーベキューに利用することもできます。
 
保存するポイントですが、消火しきった炭を天日で中まで乾かします。湿気から保護するために、ビニール袋に入れて、口を閉じておくこと。火消し壺を使う場合は水に濡れることもありません。そのまま蓋をしておけばいいです。

バーベキュー 手ぶら